臨床研究適正評価教育機構

J-CLEAR刊行物

J-CLEARが総力をあげて編集・執筆した書籍「脳・心・腎血管疾患クリニカル・トライアル Annual Overview 2014」が刊行されました。
J-CLEAR会員には無料で配布されます。

脳・心・腎血管疾患クリニカル・トライアル
Annual Overview 2014
エビデンスに基づくTotal Vascular Careを目指して,現時点での最良の選択肢は何か。 日本を代表する専門家が最新のエビデンスを渾身のレビュー。
糖尿病・高血圧・脂質異常症などの予防から脳・心・腎血管疾患の最先端医療までのエビデンスを網羅した一冊。 J-CLEARが目指す中立で信頼性の高いコメントを多数収録。脳・心・腎血管系疾患治療の最新水準を一望できるOverview2014年版。今年は12疾患に加えて「EBM」が加わりました。
定価 1,600円+税
ISBN:978-4-89775-323-2
仕 様:A4判 ソフトカバー 68頁
発行所:ライフサイエンス出版
ご注文はこちらから
■ 編 集 ■

J-CLEAR (臨床研究適正評価教育機構)

■ 執筆者(五十音順) ■

荒木 厚(東京都健康長寿医療センター内科総括部長)
内山真一郎(国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授,山王病院・山王メディカルセンター脳血管センターセンター長)
大野貴之(三井記念病院心臓血管外科部長,集中治療センター(ICU)部長)
折笠秀樹(富山大学大学院医学薬学研究部バイオ統計学・臨床疫学教室教授)
景山 茂(東京慈恵会医科大学特命教授,臨床研究支援センター長)
木村健二郎(聖マリアンナ医科大学腎臓・高血圧内科教授)
許 俊鋭(東京都健康長寿医療センター副院長,東京大学大学院医学系研究科重症心不全治療開発講座特任研究員)
桑島 巌(東京都健康長寿医療センター顧問)
興梠貴英(自治医科大学准教授,企画経営部医療情報部部長)
後藤信哉(東海大学医学部内科学系(循環器内科)教授)
近森大志郎(東京医科大学循環器内科教授)
中川義久(天理よろづ相談所病院循環器内科部長)
中澤 達(東京都健康長寿医療センター血管外科部長)
原田和昌(東京都健康長寿医療センター副院長)
山下武志(財団法人心臓血管研究所所長)

海areNet「CLEAR! ジャーナル四天王」ウェブサイトより転載
上田恭敬(大阪警察病院心臓センター[循環器内科]部長)
香坂 俊(慶應義塾大学病院循環器内科講師)
中川原譲二(国立循環器病研究センター脳卒中統合イメージングセンター部長)

 ■ 主な内容 ■
桑島 巌
Keynote View 臨床試験の今後のあり方 景山 茂
2014年概説 編集  桑島 巌
2014年J‐CLEAR選出重要トライアル14
・糖尿病 重症低血糖があると2倍も心血管疾患を起こしやすい 荒木 厚
DPP-4阻害薬のメリットは低血糖によって相殺される可能性がある 荒木 厚
・高血圧 ラクナ梗塞患者において,二次予防のための血圧目標値は140mmHg未満よりも130 mmHg未満のほうがよい傾向 桑島 巌
・不整脈 肥満の心房細動患者において減量は抗不整脈薬に匹敵するほどの意味をもつ 山下武志
・冠動脈疾患 (PCI) ワルファリン+クロピドグレルへのアスピリンの上乗せ効果は認められず 中川義久
・冠動脈疾患 (危険因子,薬物治療,観察研究,その他) 冠動脈CT:カルシウム容積スコアと密度スコア,その乖離 近森大志郎
・冠動脈疾患 (CABG) 糖尿病・多枝病変に対する冠血行再建術はPCIよりもCABGが有利 大野貴之
・血栓/ 凝固 ワルファリンに対するエドキサバンの非劣性が示されたが,優越性は示されなかった 後藤信哉
・脳血管疾患 脳血管イベント発症後早期のアスピリン+クロピドグレル併用が再発を抑制 内山真一郎
・心臓外科 僧帽弁形成術と腱索温存僧帽弁置換術の手術死亡率,1年死亡率は同等 許 俊鋭
・末梢動脈疾患 ヘパリンを結合させたカバードステントは長区域病変においてBMSよりも高い開存率を示す 中澤 達
・腎疾患 2型糖尿病におけるACE阻害薬とARBの併用には患者ごとの調整が不可欠 木村健二郎
・心不全 CRTの適応決定にはQRS幅(≧120ミリ秒)がなお最重要 原田和昌
・EBM 論文として出版されない大規模臨床試験が3割もある 折笠秀樹
「CLEAR!ジャーナル四天王」 アクセスランキング 2013年 Top10
J-CLEARのご案内